インプラント施術で抜け落ちた歯を蘇らせよう

長く歯を維持することで食事を楽しむ事ができる/>
    <div class=

その他の治療方法

歯を失ってしまった場合、インプラント以外にも様々な対応方法があります。
最も代表的なものが入れ歯です。高齢者などが使用している印象がある入れ歯ですが、若者でも装着することが出来ます。部分入れ歯とそういればがあり、取り外し式の義歯です。
治療の期間が非常に短く手軽で、保険が適用されるため出費が少なく財布にやさしいという点がメリットです。
しかし、噛む力が7割ほど減少してしまうというデメリットが有ります。部分入れ歯の場合はクラスプと呼ばれる金属部分を健康な歯に引っ掛けるため、健康な歯にダメージが加わります。
総入れ歯の場合は、舌でした食べ物のあじを感じられなくなります。口の上部が入れ歯で覆われているので、温度も感じることが出来ずに食事の楽しみが減少してしまいます。

その他にも、ブリッジという治療方法があります。ブリッジは、歯を失った場所の両端にある健康な歯を削り、人工の歯を被せるという方法です。
手術の必要がなく手軽で、入れ歯よりも固定することができるので食事を楽しめるようになります。
しかし、両端の歯を削るため、健康だった歯の寿命を縮めてしまうという危険性があります。ブリッジと歯肉の間に食べかすが溜まりやすいという特徴があり、歯周病や虫歯の発生を促進します。
インプラントであれば、他の健康な歯を傷つけることがありません。また、食事を違和感なく楽しむことが出来ます。
インプラント手術を行なっていない歯科では、入れ歯やブリッジを勧められる可能性がありますが、人生をより楽しむためにはインプラントが適しています。